薬剤師パート → 薬剤師パートは社会人でもなれる?

薬剤師パートは社会人でもなれる?

薬剤師を目指す方の多くは高校3年生で薬学系の大学を受験し、それに合格して6年間勉強をして資格を取得して、晴れて薬剤師となるという道が普通です。ですが、社会人として他の仕事に進んだ後、色々考えたけれどやはりもう一度薬剤師を目指したいという方も、中にはいます。そういった方でも、薬剤師には特に年齢制限は設けられていないため、なる事はできます。ただ、6年間の大学での勉強はこなす必要があり、それを乗り切れるかが大切です。
ドラッグストア(OTC)薬剤師の仕事の特徴

大学の他の学部によっては夜間部という学部もありますが、薬学部には昼間部しかありません。そのため、昼間の授業を受けて、その内容をしっかりと吸収していく事が必要になりますが、仕事をしながらだとこれは難しいものがあります。夜勤などが可能であれば一応できますが、自分の生活ともよく相談をして、どのように勉強を進めていくかをまずは前もって考えておく必要があります。仕事と両立しながらこなせるほど、薬学部の勉強は簡単ではありません。

難しい用語なども多く出てきますし、テキストも膨大です。課題も多く課せられますし、それを全てこなしていくには仕事をしない期間が必要になるでしょう。家族の方などの協力も必要になるかもしれません。では社会人になってから薬剤師になるのは無理なのかというと、そういう訳ではありません。実は意外にもこなしている方というのは比較的多くいます。要はその方が薬剤師になりたいという気持ちをどれくらい持っているか、それが大切です。

しっかりと気持ちを持っていれば、それに合わせてやり繰りしようとする考えも浮かんできます。仕事は入学前に比べると十分にはできないかもしれませんが、派遣や契約社員などをしながら勉強している方もいます。社会人になると学生の頃よりも集中力なども低下しがちです。そのため、同じ勉強をしていくにも不利な面もあるかもしれませんが、社会人経験のある方は理解力は学生の方よりも深くなっている事も多いです。強みを生かして夢に向かって頑張りましょう。

薬剤師の離職率が高い理由

最近は転職は珍しい事ではなくなっており、薬剤師業界でもそれは同じ事が言えます。特に薬剤師業界が他の業界と異なるのは、完全に現在は売り手市場だという事です。転職したいと思ったら、すぐに新しい職場を好条件で見つける事ができるという状況です。そのため、今の職場に不満があるという方はすぐに転職を検討し、次の職場に移ってしまうという現状があり、人の入れ替わりがとても早い業界と言えます。

この理由には薬剤師業界特有の事情が関係しています。薬剤師は女性が多く活躍している業界です。女性は妊娠や出産、育児などの家庭の事情で、途中で辞めていく方が後を絶ちません。そのため、人手不足に陥りやすい職場が多く、ぜひ来て欲しいと、新しい方を探している職場が多いのです。また、こうした人手不足の状態が続くと、残っているスタッフには負担がかかりやすくなります。そうするとますます仕事を辞めてしまう方が増える悪循環に陥っているのです。

離職してしまう理由は人それぞれ異なりますが、仕事内容もありますが、それよりも給料、待遇、勤務時間がそれに見合ったものになっていないという理由が多く挙がっています。薬剤師は元々収入などが比較的良い水準であると言われていますが、その中でもやはり優劣が付いてしまい、周りの方の条件の良さなどを見て、離職、転職に踏み切るという方が多くなっています。すぐに職が見つかるため、こだわる方も多くなっています。

転職を検討している側からすると、転職がしやすい環境というのはとても良いチャンスと言えます。今の職場に不満を持っている方も、一度求人情報などをチェックしてみる事もお勧めです。魅力的な求人がいくつも見つかる事もあります。転職で良い条件で気持ち良く働ける環境が見つかれば自然と薬剤師の方も落ち着いて働くはずで、今は人の入れ替わりで人材の再配置が行われているイメージかもしれません。理想の職場を見つけられるよう頑張っていきましょう。